日帰りでも利用できるスキーバスツアー

subpage01

連休がなかなか取れないという職場で働いている人にとっては、冬のスキーシーズンは滑りに行くにも休みが合わなくて残念に感じている人もいるかもしれません。

しかし、日帰りであれば単日休みでも行って帰ってくることができます。

日帰りでスキーに行くのなら、バスツアーがベストな選択です。
朝に出発をして行くとなれば、渋滞に巻き込まれて到着が昼近くにもなってしまい、現地で滑る時間がほとんどなくてせっかく行ったのにもったいないということにもなってしまいます。

バスツアーでは、初心者の人であれば無理をせずに気軽に日帰り利用ができる早朝発もあるのですが、一般的には夜発になっています。

スノボツアーの人気度が上昇しています。

夜の23時程度の遅めの時間に出発することになるので、仕事が終わってからツアーに参加することができます。
バスに乗って高速道路に入るころには消灯となり、カーテンが閉められたり携帯電話、スマートフォン、タブレットなどの光が出るものは使用しないようなアナウンスが入るので、静かで暗い中でゆっくりと眠ることができます。

オンリーワンの日本経済新聞情報を網羅した総合サイトです。

早朝にはゲレンデに到着をするのですが、リフトが動き始める時間帯はまだ人が少ないので、リフト待ちもせずにどんどんスキーを滑ることができます。


夕方には現地を出ることになるのですが、その日の夜には自宅に戻ってくることができます。



厳密にいえば前日の夜に出発するので日帰りというわけではありませんが、一日だけの休みであっても利用することができます。